2006年10月17日

図書館内乱

図書館内乱
図書館内乱
posted with 簡単リンクくん at 2006.10.17
有川 浩著 / 徒花 スクモイラスト
メディアワークス (2006.9)
通常24時間以内に発送します。

うはぁ、めがっさ続きがすぐ読みたくなるこのラストめ!

ぶっちゃけストーリーの細かい部分はどうでもいい。
この登場人物どもの掛け合いがたまらなくおもしろい。
柴崎の毒っぷりも郁の猪突猛進ぶりも、
なによりも堂上のツンデレっぷりがたまらんわ、これは!

クールダウン。

内容もきちんと「内乱」をしていて、
正直前巻のドンパチの印象が強すぎてどう「内乱」させるのかと疑問だったが、
なるほど、こういうものか、と。
胃が痛くなりそう。

派閥間の問題とか、人が集まればそういうものが出来るのはわかるけれど、
郁と同じく俺には到底共感できない部分。
だからこそ、査問会での郁のまっすぐっぷりには快哉を叫びたい。
感情派、いい派閥じゃないですか。

やぁ、おもしろい。
早く続きが読みたい。
郁の明日を早く見たい。

早く(ハリー)!
早く早く(ハリーハリー)!!
早く早く早く(ハリーハリーハリー)!!!


ラベル:有川 浩
posted by コウ at 02:46| Comment(2) | TrackBack(9) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、「今日もだらだら、読書日記。」のうららです。
いつもブログ楽しく読ませていただいてます。

先ほどトラックバックの送信をした際、
「図書館戦争」の記事にトラックバックを送ったつもりで
「図書館内乱」の記事にトラックバックを送ってしまっていました。
手の空いたときにでもトラックバックの削除をお願いできますでしょうか。
お手数かけまして、申し訳ありません…。
Posted by うらら at 2008年04月22日 14:28
消しておきました。
まぁ……タイトルがそれぞれ紛らわしいシリーズですからね。
今もって「戦争」以外何があって何巻目かわかりませんよorz
Posted by コウ at 2008年04月24日 01:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[有川浩] 図書館内乱
Excerpt: 両親が職場見学に来るという。職場のみなは協力してくれるものの、何かの拍子に戦闘員であることがバレてしまう可能性がないとはいえない。ましてや、親の期待を重圧と思い、実家に近寄らない郁だから精神的にきつい..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2006-10-17 08:56

図書館内乱
Excerpt: 祝・シリーズ化決定。と言うことで、あと数冊は続くらしいです。それを見越してのことなのか、登場人物の設定が深く掘り下げられていましたし、伏線もちょこちょこ出てきました。
Weblog: ライトノベルの箱詰め。
Tracked: 2006-10-17 19:39

書評/図書館内乱
Excerpt: ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Weblog: ライトノベル名言図書館
Tracked: 2006-10-18 08:38

図書館内乱
Excerpt: 笠原郁の両親が娘の職場訪問にやって来た。保守的な両親(特に母親)に娘が戦闘職種に居るなんて聞いたら間違いなく実家に連れ戻される!!……という訳で、郁は両親に隠し通す事を選ぶのだが、これがまた結構大変な..
Weblog: 読了本棚
Tracked: 2006-10-18 19:53

図書館戦争 / 図書館内乱
Excerpt: まるで図書館の内情とかに詳しい訳でもないし、本に関わるなんらかの勤めをしている訳でもない私の書く感想です。 どうぞひらにご容赦を。(何にだ) ↑こう書くと砂川みたいだな!(笑) 図書館戦争pos..
Weblog: さるの樹
Tracked: 2006-10-18 21:21

(書評)図書館内乱
Excerpt: 著者:有川浩 図書館内乱価格:¥ 1,680(税込)発売日:2006-09-11
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-04-07 20:11

図書館内乱 有川浩
Excerpt: イラストは徒花スクモ。書き下ろし。 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。迎え撃つ図書館側にも不..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2007-04-19 15:44

図書館内乱<有川浩>−(本:2007年146冊目)−
Excerpt: 図書館内乱 出版社: メディアワークス (2006/9/11) ISBN-10: 4840235627 評価:85点 うーむ、楽しい。 前作もそうだったし、著者の「くじらの彼」を読ん..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-12-02 01:27

図書館内乱
Excerpt: [著]有川 浩 [絵]徒花 スクモ笠原郁の両親が、郁の仕事ぶりを見たいとやって来た。図書館防衛員を志願したことを未だ伝えていない郁は焦る。図書館員を目指す時にも散々ひと悶着あったのに、過保護で心配性な..
Weblog: 今日もだらだら、読書日記。
Tracked: 2008-05-14 14:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。