2010年03月10日

パパのいうことを聞きなさい(2)

パパのいうことを聞きなさい 2 (集英社スーパーダッシュ文庫)パパのいうことを聞きなさい 2 (集英社スーパーダッシュ文庫)
松智洋

集英社 2010-02-22
売り上げランキング : 173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

劇中で空のしたコスプレがまったくなにかわかりませんでした。
読書メーターのコメントでハルヒだとわかれば、表紙のポーズもそう見えなくも無い。
しかしまぁ、どうでもいいです。
私は莱香さんラブなので。

とりあえず前島がとてつもなくダメでした。
自己中心的で独善的で、裕太はもっと怒ってよかったむしろ殴り飛ばして「貴様なんぞにオレの娘は以下略」
カラーに出てるわりには出番も影も薄かった栞嬢は暴走具合がなかなかよかったですが。

特にここが面白い! と思う部分はないですけど、安定して安心して読めるシリーズ。
個人的希望としてはもっと莱香さんの出番とイラストを。

posted by コウ at 23:28| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

ぷりぷり(3)

ぷりぷり 3 (MF文庫J)ぷりぷり 3 (MF文庫J)
夏緑

メディアファクトリー 2010-02-25
売り上げランキング : 71862

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どう見ても打ち切りです本当に(ry
MF文庫二月の打ち切りその二。
わるぷるキスとは違って順当な、というか、
ぷりぷり自体がいらない子だったなぁ、とか。

陣とシエラがくっついた事以外はフォローのしようもない中途半端さ。
むしろカップル成立も、どれもまとめられないなかで無理やり強引に、といった感じさえ受ける。
悪いシリーズじゃなかったけど、結局蛇足感が拭えなかったまま終わり。
そういや、シエラって結局漢字でどう書くんだ?

posted by コウ at 23:17| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

クロス・リンク

クロス・リンク~残響少女 (HJ文庫)クロス・リンク~残響少女 (HJ文庫)
星野彼方

ホビージャパン 2010-03-01
売り上げランキング : 33736

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もうちょっと小説として読ませる努力というか、
作者が伝えたいことをそのまま書きすぎていてぶっちゃけ押し付けがましい。
あと、導入部がいくらなんでも長すぎる。
まずそこでダレてしまった。
しかもネゴシエーターの出番なんて無さそうなトンデモ事件なわけで。

とはいえ、それ以降の心象世界というか、
設定や舞台装置は、読んでいていまいちわかりづらいことを除けば、
結構面白いと思えました。ゲームに例えたりとか。

総評として、悪くはないけど読んでいて面白いとは思えない話。
題材はいいと思うんですけどね。

posted by コウ at 23:11| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

デウス・レプリカ(3)

デウス・レプリカ3 (HJ文庫)デウス・レプリカ3 (HJ文庫)
にのまえあゆむ

ホビージャパン 2010-03-01
売り上げランキング : 11247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

やたら展開が早かった気がする。
あれかこれやのネタバレに加えて、各人のルーツや関係などの暴露も
とにかくどんどん余韻に浸るまもなくお披露目されていく。
それで悠も戸惑えば解説とか入る余地もあるのに、
多少混乱してもあっという間に飲み込んでしまわれると追いつけない。
なんか詰め込みすぎ。

話自体は面白かったし重要な部分も多かったので、
前後編でゆっくりじっくり展開してくれれば感じ方はまったく違ったと思う。
とにかく折角の重要事も「ああ、そうなのね」で終わってしまい、
いろいろともったいなかった。
いい材料で作った料理を一気食いしたような感じ?

posted by コウ at 00:19| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

わるぷるキス(3)

わるぷるキス 3 (MF文庫J)わるぷるキス 3 (MF文庫J)
内山靖二郎

メディアファクトリー 2010-02-25
売り上げランキング : 22811

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

MF文庫二月の打ち切りその一。
くだんもですが、珠枝さまと比べて見劣りするものじゃないと思いますけどね。
せっかくハンナがデレてきたんだから、単純にラブコメで続けていってもいいと思うのに。
まぁ、この作者の持ち味が十全に発揮出来る舞台じゃないとは思いますが。

変にバトルや陰謀要素を入れたからまずかったのか。
もっとほのぼの系で進めていれば、と思う。
デレハンナが実にからういのに!

posted by コウ at 00:10| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

百花繚乱(4)

百花繚乱 巻ノ肆 (HJ文庫)百花繚乱 巻ノ肆 (HJ文庫)
すずきあきら

ホビージャパン 2010-03-01
売り上げランキング : 2944

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

淀殿と思わせておいてヒョォーの人でした。わかるか!
内容が無いのはいつも通りですし、続きが気になるというわけでもありませんが、
この終わったのかどうなのか分からない終わり方はすごくすっきりしない。
アニメ化するようなので、続くんでしょうけれど。

同じお色気担当でも、クィーンズブレイドなんかはわりと読めるんですけどね。
唐突に出てきた武蔵とか小次郎とか、正直もっとうまく使えよ、と。

posted by コウ at 00:00| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

双心のサヤ(2)

双心のサヤ2-刀姫恋心!- (HJ文庫)双心のサヤ2-刀姫恋心!- (HJ文庫)
鳥生浩司

ホビージャパン 2010-03-01
売り上げランキング : 19666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者欄で「想刻のペンデュラム」の人と初めて知りました。
……あー、だからか。
と、やたら納得。

これにて完結だけど恋愛関係がグダグダすぎて、何一つすっきりしない。
あっちもこっちも彼も彼女も。
さすがにペンデュラムのようにヒロイン脇役化はありませんでしたが、
誰も彼もを立てようとして結局全員埋没してしまっている。
一巻はまだ良かったんですけど。

もうちょっと、納得できる結末を用意してもらいたいものです。

posted by コウ at 18:31| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

スクランブル・ウィザード(6)

スクランブル・ウィザード6 (HJ文庫)スクランブル・ウィザード6 (HJ文庫)
すえばしけん

ホビージャパン 2010-03-01
売り上げランキング : 2381

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

煽るだけ煽って肩透かしを喰らうの巻。
……や、別の展開で非常に盛り上がったので不満ではないですが。
いい意味で意表を突く変化球でしたし。

十郎、月子それぞれに大きな転機&災難。
先の見えない流れになってきましたけれど、そこに加わる第三の流れが非常に興味深い。
今までほとんど話の中で、あるいは敵として描かれてきた八人。
生き残った彼らの今後の動きがすごく楽しみです。
特に乾さんが妙に良い人ですごく和んだ。

とりあえずカラーの月子は確実に誘ってますね?

posted by コウ at 17:47| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

バカとテストと召喚獣(7.5)

バカとテストと召喚獣7.5 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣7.5 (ファミ通文庫)
井上堅二

エンターブレイン 2010-02-27
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・表紙見る。
 えーと、誰だこれ、新キャラか?
   ↓
・読む。
 あはは、相変わらずおもしれー。
   ↓
・読み終える。
 あれ、表紙の娘、そういや出てきてないな……
   ↓
・巻頭マンガを読む。
 アキちゃんかっ!

素で可愛いと思ってしまいました。
あと、まったく気づきませんでした。
最近ネタバレ回避で巻頭カラー最後に読むようにしてるんですよね……
しかしまぁ、これは……破壊力高すぎ。

で、中身。
短編集ながらも、7.5巻ってことで8巻に続く前振り。
個人的にはどちらかと言えば美波派なので複雑なところですねー。
一番好きなのは翔子さんですけど。二番目は工藤さん。
何気なく工藤さんが準レギュラー化してきていて結構嬉しかったりする。
ムッツリーニとの仲の進展も先が楽しみ。

posted by コウ at 23:52| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

おれと天使の世界創生

おれと天使の世界創生(ユグドラシル) (HJ文庫)おれと天使の世界創生(ユグドラシル) (HJ文庫)
冬樹忍

ホビージャパン 2010-03-01
売り上げランキング : 1166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どう見ても透と由宇です本当に(ry
実際主人公は亨でスターシステムっぽい感じですけど。

久しぶりの新作ですけど、やっぱりこの人の無駄にテンション高いやり取り好きだなー。
と、読んでいて妙に嬉しくなりました。
地味にやんわりエロスを漂わせるところも相変わらず。

良くも悪くもノリは「たまなま」の頃と変わらず。
基本設定自体は前作ほどの根本的な重さが無いので、
今後もっともっとハッチャてくれることを切に望みます。

posted by コウ at 22:49| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

ゴミ箱から失礼いたします(2)

ゴミ箱から失礼いたします 2 (MF文庫J)ゴミ箱から失礼いたします 2 (MF文庫J)
岩波零

メディアファクトリー 2010-02-25
売り上げランキング : 4844

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

同じくMF文庫のギャルゴを連想した。
妖怪と言いつつもすべてオリジナルなので、地方都市伝説と実質変わりなし。
こちらの方が読みやすいですけれどね。

良くも悪くも中身が無い、かな。
読んでいる間は楽しいけれど、印象深いシーンが無い。
初見のインパクトが薄れてしまい、ちょっと物足りない。
もっとはっちゃけて色々やってもらいたいです。

posted by コウ at 22:42| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

六畳間の侵略者(4)

六畳間の侵略者!?4 (HJ文庫)六畳間の侵略者!?4 (HJ文庫)
健速

ホビージャパン 2010-03-01
売り上げランキング : 244

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

表紙は自称魔法少女だけど内容は皇女さまのターン。

フラグ云々よりすでにルートに入っているような気すらしますが、
でもまぁまだ片方向からなので確定ではないかな。
多少のリード差と温度差はあれど、誰が射止めてもおかしくない距離感がいいですね。
あ、早苗は早々に脱落気味ですけど。
次が彼女の回のようなので挽回出来るかな。無理だろうなぁ。

個人的にはルースさんを応援したいのですが、
主人優先気味で今回はあまり彼女の恋心が見えてこなかったのが残念。
忠誠心と恋心で揺れ動く姿が見たいところ。

posted by コウ at 22:30| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

漂う書庫のヴェルテ・テラ(2)

漂う書庫のヴェルテ・テラ2(富士見ファンタジア文庫)漂う書庫のヴェルテ・テラ2(富士見ファンタジア文庫)
川口士

富士見書房 2010-02-20
売り上げランキング : 3123

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前作ライター・クロイスもそうでしたが、
この著者の書く女性同士の恋の鞘当が怖面白すぎる。
それぞれの背景がちゃんと書かれているから、尚更どちらも応援したくなりますが、
今回は騎士子さんの方かな。ツンデレ好きなので。
(前作は問答無用でイングリドさん)

で、本編の方は……またいくつか伏線張られましたけど、
ガチホモと男の娘のインパクトが強くてそればかりが印象に残る。
実際のところ、あんまり進展はしてませんよね?

相変わらずイラストが残念でなりません。

posted by コウ at 23:37| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

かぐや魔王式!(6)

かぐや魔王式! 第6式 (MF文庫J)かぐや魔王式! 第6式 (MF文庫J)
月見草平

メディアファクトリー 2010-02-23
売り上げランキング : 600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハラグロよりあいふぉんの方がよっぽど黒いと思う今日この頃。
なんか閣下の影がどんどん薄くなってきている気がします。
新キャラ投入の影響はもちろんですが、あいふぉんの存在感が増してきているのが大きい。
六道も要所要所で存在感アピールしますしね。

とはいえ、クライマックスの閣下らしいあのシーンはよかった。
直後の展開が意味不明すぎますが、これはあれか、閣下じゃなくってハラグロのスタンド能力?
バイツァ・ダスト。
不可思議関連のこの後の展開がわからなくなってきた。

んで新キャラ。
……mjdsk
そういう属性はないので正直どうかと……
性格は面白いのでもっと引っ掻き回してはもらいたいけど。

posted by コウ at 23:21| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

文芸部発マイソロジー(3)

文芸部発マイソロジー〈3〉 (一迅社文庫)文芸部発マイソロジー〈3〉 (一迅社文庫)

一迅社 2010-02-20
売り上げランキング : 22309

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今まではいろいろメタっていたりして"作り出した世界での話"に感じられていたけれど、
諸々の設定はとりあえず置くとしても、
やっていることが90年代ファンタジーになってしまったのが残念。

オブリエや特異点関連は悪い意味で無難な正体だったし、
共通点を見出して各神話の神々を関連付けるのは面白くても、
それをオリジナルにしてしまうと結局冷める。

悪くは無かったけれど、結局ラストはしりすぼみ。
中二病全開バトルがほとんどを占めていたのも残念でした。

posted by コウ at 01:27| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

SH@PPLE―しゃっぷる―(8)

SH@PPLE―しゃっぷる―(8) (富士見ファンタジア文庫)SH@PPLE―しゃっぷる―(8) (富士見ファンタジア文庫)
竹岡葉月

富士見書房 2010-02-20
売り上げランキング : 1389

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クライマックス目前で短編集。
本編につながる前日譚が描かれていて、それはそれで楽しく読めたんだけれど、
あの引きなんだからまず本編読ませてくださいorz

個人的に鳥子の暴走小説が大好きです。
斜め上に突き抜けていて素敵。

posted by コウ at 01:18| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

絶望同盟

絶望同盟 (一迅社文庫)絶望同盟 (一迅社文庫)

一迅社 2010-02-20
売り上げランキング : 2050

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タイトルから一方的に糸色望的なものを想像していたため、
至極真面目でまっとうな青春模様に面食らいました。
んー、これはハードカバーやMW文庫的な内容かと。
イラストこそラノベ的でしたが。

一迅社での同イラストレーターと組んだ他二作を未読ですが、
一連のシリーズみたいなものなんでしょうかね?
時間を作って読まねば。

肝心の内容。
共感できない部分は多々ありましたけれど、
それでも各々が自分なりに折り合いを付けて前向きに生きようとしている姿は良かった。
最後のガーデニング風景も羨ましい青春の一ページ。
ん、でも、ラノベ的じゃないよなー。

posted by コウ at 02:05| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

蒼穹のカルマ(4)

蒼穹のカルマ4 (富士見ファンタジア文庫)蒼穹のカルマ4 (富士見ファンタジア文庫)
橘公司

富士見書房 2010-02-20
売り上げランキング : 405

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この表紙で、この表紙を何ら裏切ることのない内容で本編なのだから、
なんというかこの作品の懐の深さに乾杯としかいいようがない。
本筋は流石にあんまり進んでないけれど。
あぁ、でも、重要な部分はいくつか進展しましたね。

一巻の時点でいろいろトンデモ展開していたけど、
それをのちのちの展開に(予定していたか否かは別として)活かしているのは実に旨いなぁ。
基本ギャグでコメディなはずなのに、ストーリーにきちんと筋が通っているのもいい。
やっぱり面白いわ、このシリーズ。

主人公が人としていろいろダメだけど。

posted by コウ at 01:55| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

ラ・のべつまくなし(2)

ラ・のべつまくなし2 (ガガガ文庫)ラ・のべつまくなし2 (ガガガ文庫)
壱月龍一

小学館 2010-02-18
売り上げランキング : 10873

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブンガクと明日葉の絡みが少ないのは物足りないけれど、
その分吐くほどのバカップルぶりなのでちょうどいい塩梅。
この濃度を何度も見せつけられたらたまったもんじゃない。

一応今回は絵師兄妹がメインになるんでしょうか。
その兄妹にあまり好感持てなかったのが痛かった。
男の娘属性は皆無ですし、海の方は言動自体が好きになれない。
結局自分のわがままじゃないですかい。
まぁ、嫌悪というほどではありませんが。

次回は是非ともちょっと進展したブンガク明日葉カップルメインで。

posted by コウ at 23:11| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

ピュアリーホワイト

神曲奏界ポリフォニカ ピュアリー・ホワイト (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ ピュアリー・ホワイト (GA文庫)
高殿円

ソフトバンククリエイティブ 2010-02-15
売り上げランキング : 831

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新章新キャラ新展開。
そして……

なにこのおあずけ展開。

煽るだけ煽って、見せるだけ見せて、この引きはひどすぎる。
続きがものすっごく気になる。
こういうのはせめて連続刊行とかにしてやってください。

それにしても。
ようやく登場の師匠が美形過ぎて吹いた。

posted by コウ at 23:39| Comment(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

ありすとBOBO

ありすとBOBO -猫とマグロと恋心- (GA文庫)ありすとBOBO -猫とマグロと恋心- (GA文庫)
川崎康宏

ソフトバンククリエイティブ 2010-02-15
売り上げランキング : 4229

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どこにも記載されていないけれど、以前電撃から出ていたAliceの続編。
読んでいて妙な既視感を覚えたんですが、やっぱりでした。
思い出したときはすごくすっきりした。

真面目にバカをやりつつ多分に皮肉を込めた作風は全く変わらず。
合気道を使うクマvsチャイニーズマフィアより強い魚屋さん、
ってどこからそんなアイディアをひねり出すのやら。
やってることはおもしろいんだけど、利かせすぎた皮肉に苦笑いの読後感はある意味独特。

ところで。
赤チャイナなのに青かったり、クマvs魚屋さんのシーンにアリスのイラストとか、
前者はイラストレーターがちゃんと読んでない、後者は編集のミス、でしょうかねぇ?

posted by コウ at 23:28| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

サムライガード(5)

サムライガード5 刀とカタナと革ジャン剣士 (GA文庫 ま 2-5)サムライガード5 刀とカタナと革ジャン剣士 (GA文庫 ま 2-5)
舞阪洸

ソフトバンククリエイティブ 2010-02-15
売り上げランキング : 518

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

新章突入で新キャラも登場。
新天地に移って新展開を見せてくれる……はずなのに、
遅い、遅いよスレッガーs展開が!

新しい学校に移るまでに一冊使うとか、
いやそこはまぁ事件あったのでいいんですけど、
その事件が羅蘭に見せ場を作るというわけでもなく、
割りとどうでもいい割合でいつも通りの脱線話が挿入されているのはどうかと。
……それが面白いのが救いといえば救い?

次巻以降のフラグやら伏線をさんざん立てて今回は終了。
良くも悪くもいつも通りのノリというか、不満はないけど物足りなかったかな。
そして新キャラのはずの羅蘭はイラストが二点だけと不遇。
まぁ、巻中イラスト自体が三枚しかないんですけどね。

posted by コウ at 23:53| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

舞-HiME★DESTINY ~龍の巫女~ウェルメイド・フレンズ

舞-HiME★DESTINY ~龍の巫女~ウェルメイド・フレンズ (HJ文庫)舞-HiME★DESTINY ~龍の巫女~ウェルメイド・フレンズ (HJ文庫)
伊吹秀明

ホビージャパン 2008-08-01
売り上げランキング : 194579

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんだかんだで一年半程度積んでいましたが、ようやく読了。
これにてHJ文庫(G除く)全タイトル読破です。
ワーワーパチパチパチパチ

舞-HiMEシリーズ、あんまり知らないんですけどね。
とりあえずスターシステムに近いので、
他の作品も知っていればより楽しめるんでしょうけれど、単体でもそれなりに。
……単体ではそれなり。

無難な作りと内容。
アクションシーンが多いので映像なら映える気はしますけれど、
基本超能力バトルでテレポート多用、文章ではあまり映えません。
いくつかの思惑が錯綜する展開になり、
何度もシーンが切り替わる(ゲストにも見せ場を作る)ため、
やっぱりシリーズファンでないと本当には楽しめないかな。

掲載誌が廃刊になったためか、ラストもやや唐突。
とは言っても、きちんとまとまっているのでやっぱりそれなりには楽しめました。
そしておまけの四コマが面白い。

posted by コウ at 23:55| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

ご主人さん&メイドさま

ご主人さん&メイドさま―父さん母さん、ウチのメイドは頭が高いと怒ります (電撃文庫)ご主人さん&メイドさま―父さん母さん、ウチのメイドは頭が高いと怒ります (電撃文庫)
榎木津無代

アスキーメディアワークス 2010-02-10
売り上げランキング : 531

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

銀賞受賞作。
とりあえずきちんと最後まで読み切れば多少は楽しむことが出来ないこともない作品。
終盤になれば多少面白いと思うようなことを感じることは出来る。
けど、そこまでが苦痛というか拷問?

バカテスやベン・トーはいい意味でバカで頭悪い作品ですが、
これは単純に悪い意味そのままでバカで頭悪い。
最後まで読めば、それが多少突き抜けた感じがするんですけど。
なんか、バカで頭悪いことを免罪符にして好きなことをやらかしているようにしか感じなかった。
っつーか、この作者ってメイドやにちゃんに特に思い入れも何も無いんじゃねぇか?

一応、最後まで読めば多少ストーリー性も出てくるし、多少面白いと感じないこともない。
ただそれも結局中盤までと比較して、というレベルであって、
どう頑張っても面白い作品とは思えない。
……これで銀賞ってんだから、よほど不作だったんでしょうか。

posted by コウ at 23:11| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

幕末魔法師

幕末魔法士―Mage Revolution (電撃文庫)幕末魔法士―Mage Revolution (電撃文庫)
田名部宗司

アスキーメディアワークス 2010-02-10
売り上げランキング : 50

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大賞受賞作。
MAGE維新――ってことで、魔法使いによる明治維新……って洒落かよ!
そういうノリは嫌いじゃありませんし、
西洋から魔法文化が流入してきた幕末という設定は非常に心くすぐられます。

が。
この内容だと幕末である必要が全然感じられない。
ストーリーなどが悪いわけではなく、
その点はしっかりとファンタジーとして楽しめる内容。
きちんとボーイ・ミーツ・ガールしているし(逆だけど?)
秘められた力がぁぁぁ……みたいなのも王道で嫌いじゃないです。

けど、幕末である必要ないよね?

いずれシリーズを重ねていけば幕末らしさは出てくるかもしれないけれど、
これ単体で見ると有名所ってシーボルト先生くらいだし。
桂小五郎がちょろっと名前が出てくるくらい?
長州藩にも触れるけど影響を与えるわけでなく、攘夷志士も中盤で退場。

……そう、中盤までは良かった。
それなりに幕末らしさを感じなくもなかったし、ガジェットとして機能もしていた。
なのに黒幕が出てきてからがなんだかなぁ、状態。
っつーかSAN値が下がりそうな方を召喚するとか、
そういやこいつの強さの理由も説得力もなかったなぁ。
結局チートキャラでフルボッコでしたし。

終盤に向かうほど加速度的に面白さが薄れていき、
劣化ハガレン読んでいるような気になりました。
せめて幕末設定じゃなければ、王道ファンタジーとして楽しめたと思うんですけど。

あとがき読んで、こうなった理由がなんとなくわかった気がする。

posted by コウ at 00:12| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。