2008年04月23日

L

L  詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説 (富士見ファンタジア文庫 173-2)L 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説 (富士見ファンタジア文庫 173-2)
坂照 鉄平

富士見書房 2008-04-19
売り上げランキング : 1602

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こういう作品を読むたびにしみじみ思うわけですよ……

ツンデレって、いいよね。


太陽戦士サンササンの坂照さんの久しぶりの新作。
前作同様の熱さはそのままに、ちょっとばかりコメディ分も増量。
……っつーか、コメディがメインか?
シリアスなはずの場面で変に笑いに走ってたりしたけど……
まぁ、おもしろかったので良いです。

ストーリー自体はよく言えば王道、悪く言うなら単純。
概ね予想通りに事が進むし、細かい部分でそれを裏切るようなものもない。
読みやすいけれど、ちょっとばかり物足りないかな。

西部開拓時代を髣髴とさせる世界観ですが、
あまりそれである必要も感じなかったかなぁ。
イメージ的には近代ヨーロッパっぽかった。
というか、世界観の設定と、キャラクターの記号的特長を見ると、
どうしても「ドラゴンキラー」シリーズを連想して、
さらにたまに無法者っぽさを見せるものだからどうしても比較してしまう。
……結果は推して知るべし。

とはいえ。
補って余りあるキャラクターの魅力に尽きるわけで冒頭の呟き。
ツンデレー!
ヒロイン・アーティアがよいツンデレでございまして。
ビジュアル的にもグッジョブ、年寄り臭い言い回しもベリグー。
難点は見た目ちょい幼いかなって所ですが、
劇中の雰囲気だと二十歳前後が適正な気がしないでもないので脳内補正。
っつーかまぁ、ツンデレ。

他には団長がかなりイカしてましたね。
完全ギャグ担当かと思いきや、さりげなく見せた漢らしさに震えた。
なんておいしい所持っていく人だろう……
主人公・バーンも軽いながら魅せるところはきちんと魅せてくれて満足。
惜しむらくは「嘘つくと炎吐く」設定をもうちょっと強調して使ってくれればなぁ、って所。
後半ではあまりにも描写がさりげなくて見落としたりとか。

とりあえず、細かな不満はあるけれど、それは期待の裏返しなわけでして。
続きも予定されているようなので期待して待っています。

それにしても、キスして光線吐くって……
石破ラブラブチャクラエクステンションシュートー!
とか脳裏に浮かびました。


ラベル:坂照 鉄平
posted by コウ at 02:46| Comment(0) | TrackBack(3) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

L 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説(1)/坂照鉄平
Excerpt: L 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説/坂照 鉄平 ¥609Amazon.co.jp 【大物新人・坂照鉄平、待望の新シリーズ登場!! 顔の良さと口の巧さだけで多くの女を渡り歩いて..
Weblog: 狭間の広場
Tracked: 2008-04-23 08:07

[坂照鉄平] L 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説
Excerpt: 「うん?ええ、と……」 真摯な彼女の瞳を見返して、バーンはしばし考え込んだ。 「……つまり僕は、自分を騙しきれないような大嘘こいた時に<息吹>を吐くってこと?」 「うん、察しがいいな」 詐欺師……と..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2008-04-24 21:12

L 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説
Excerpt: [著]坂照 鉄平 [絵]水城 葵顔の良さを利用して様々な女を騙し、綱渡りで日々の生計を得る詐欺師・フラットランドはある時、竜の力を持つという“竜徒(ドラグ・ジーン)”同士の争いに巻き込まれ、偶然赤い石..
Weblog: 今日もだらだら、読書日記。
Tracked: 2008-05-02 02:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。