2007年11月22日

ヒトカケラ

ヒトカケラ (MF文庫 J ほ 2-1)ヒトカケラ (MF文庫 J ほ 2-1)
星家 なこ

メディアファクトリー 2007-11
売り上げランキング : 1616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これは良かった。
少し寂しくて哀しくて、優しい気持ちになれるお話。
一つの出来事を二つの視点から描いているのでボリューム自体は大きくないけど、
その分、登場人物の気持ちがしっかり伝わってくる。
前半で張られた伏線が綺麗に後半で回収されるのも読んでいて楽しい。

イラストの効果もありますが、まったりとした雰囲気。
愛は世界を救う――というか、もっとシンプルな人を好きになるということ。
それが優しく語られている。
物語的に盛り上がる部分はないけれど、
終始感じられるこのまったりとした雰囲気はすごく好きです。

文体に癖もなく非常に読みやすいけれど、普通普通使いすぎるのがちょっと。
それくらいしか不満点がありませんでした。
あぁまぁ、もうちょっとこの雰囲気を楽しみたいなぁ、というのはありますね。
感想には非常に困るけれど、すごく好きです。
多少の物足りなさはあるけど、おすすめ。


posted by コウ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(3) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ヒトカケラ
Excerpt: [[attached(1,center)]] MF文庫J発行    著者/星家なこ    イラスト/藤原々々 {{{ 君のかけらをさがしに行こう―― 学園屈指の美少女である蓬莱ありすに片..
Weblog: 彩彩華美
Tracked: 2007-11-27 06:40

[星家なこ] ヒトカケラ
Excerpt: オカルト研究会―といいつつ、実態はただゲームなどをして遊ぶだけのクラブの部長である神崎輝幸は、女子部員の蓬莱ありすという美しき少女に恋をしていたが、最近彼女は悩みがあるらしく、時折儚い表情を見せるよう..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-12-03 08:56

(書評)ヒトカケラ
Excerpt: 著者:星家なこ ヒトカケラ (MF文庫 J ほ 2-1)価格:¥ 609(税込)
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-12-10 19:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。