2005年09月09日

しずるさんと底無し密室たち

しずるさんと底無し密室たち
上遠野 浩平〔著〕
富士見書房 (2004.12)
通常2-3日以内に発送します。

この前の一気まとめ買いからちょっと寄り道。
本屋で物色、師走トオルを探して見つからなければ
好きな作家の本に手は伸びるということもある。
それが持っていたかも知れなくても読んだ覚えがなければ買ってみるのもいいだろう。

で。
やっぱりまだ読んでなかった。
ひょっとしたらもう一冊本の山から発掘できるかもしれないけどorz


なんかね、上遠野さんは文句なく好きなんだけどこのシリーズはどうもちょっと。
短編という形式だからか、それとも挿絵か。
トリック(?)は好きなんだけれども、
従来シリーズの少しずつ形が見えてくるワクワク感のようなものも無いのが原因かも。


ところでこんなものを発見。


……占い(´ω`)?


とりあえずやってみたところ、こんな結果でました。


あなたの「このラノ度」は「1.42」、「このラノ幅」は「0.21」です。
お薦めの作家は「橋本紡」と「高橋弥七郎」です。
あなたが選んだ作家は、今野緒雪 (1.2041)、上遠野浩平 (1.6316) です。

このラノ度
 大きければ書評人寄り、小さければ普通人寄り、両者の境界は2.12です。
このラノ幅
 大きければ通好みからベストセラーまで広く読む乱読系、小さければ特定層の好む作品を深く読む集中系です。
このラノチャート
 赤ければ赤いほどお薦めです。太字があなたの守備範囲です。

lightnovel.jpg

ラノ幅はわりと納得。


posted by コウ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。