2007年07月31日

学校の階段(6)

学校の階段 6
櫂末高彰著
エンターブレイン (20070730)
この本は現在お取り扱いできません。

残念ながら巻を重ねるごとにつまらなくなっていってしまっている。
やたらと規模の大きくなってきた権謀術数の駆け引きを見たいわけでないし、
青春真っ只中の悩みや葛藤かと思えば突然の自己解決で共感できず。
青臭さは結構だけど、自己陶酔気味の自分語りは拒否反応が先に立つ。

筋肉研究会の使い方も強引で、もうちょっと出し惜しみしてもいいんじゃないか。
必要な場面で最大の効果を狙って使うべき面々だと思う。
そのためならレギュラーじゃなくなってもいいので、安売りだけは勘弁。
……それでもこの巻では数少ないお楽しみどころで、くすりと笑ってしまいましたがっ!

総じて不満だらけの第六巻。
フォローすべき点も見当たらず、美冬のいきなりの行動も結局なんだったんだ?
新キャラ投下はかなり微妙、政争をメインに据えたいのだろうか?
ついでに表紙……これ誰?

生徒会役員選挙がメインになるだろう七巻も期待できず、
むしろこの流れでは階段レースそのものが無用の長物……
最初の頃の無駄な熱さを望むのは酷、だとは思いたくありませんが。


posted by コウ at 02:11 | TrackBack(3) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

[櫂末高彰] 学校の階段 6
Excerpt: 文化祭も終わり、生徒会役員選挙が始まろうという11月。神庭幸宏は、いつもと違う自分に気づいた。階段を見ても気持ちが高揚してこないのだ。なぜだろうと自問していたときに出会った編入生の御神楽あやめは言う。..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-08-03 16:34

(書評)学校の階段6
Excerpt: 著者:櫂末高彰 学校の階段6 (ファミ通文庫 (か8-1-6))価格:¥ 609
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-08-05 19:13

学校の階段 6/櫂末高彰
Excerpt: 学校の階段 6櫂末 高彰 甘福 あまね エンターブレイン 2007-07-30by G-Tools 【いつものように部活後の階段掃除をしていた幸宏を、抑えようのない虚無感が襲う。突如として情熱を失っ..
Weblog: ラノベ365日
Tracked: 2007-08-16 02:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。