2007年07月23日

黄昏色の詠使い(3)

アマデウスの詩、謳え敗者の王
細音 啓著 / 竹岡美穂画
富士見書房 (2007.7)
通常24時間以内に発送します。

二巻で起こった事件の犯人との対決なのですが、
その中でいろいろと意外な事実と不穏な予感を抱かされる。
最後の最後で予想外の出来事が起こるわけだけど……
下手するとラスボスはクルーエル

ムードメーカー的な存在のミオが今回活躍。
クライマックスでの彼女の働きにはにやりとさせられました。
信じられる友人がいるって実に得がたいことですね。
都合二回あった奴との遭遇の場面は、なぜか脳内で甲田節になってました。

新登場<イ短調>のサリナさん。
性格といい言動といい、かなりストライクなお姉さまなんですが……
何故眼鏡を装備させませんかっ!?
白衣、姉御な性格と来たら眼鏡でしょう!
そこだけがっ、そこだけが残念でならない!

逆光源氏というかなんというか、クルルとネイトの関係の進展が微笑ましい。
最後のやり取りなんて、あと数年ですよ、できるの。
もう少ししたら(以下自主規制)

灰色だけでなく、謎の何かの存在も今後の波乱を感じさせます。
相応の盛り上がりを期待しますが、結末はハッピーエンドをもちろん希望。
そしてできれば隔月刊で……


posted by コウ at 02:46 | TrackBack(7) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

黄昏色の詠使いV アマデウスの詩、謳え敗者の王/細音啓
Excerpt: 細音 啓 アマデウスの詩、謳え敗者の王 (富士見ファンタジア文庫 174-3 黄昏色の詠使い 3) イヴとカインツ登場。 今回は完全にイヴと灰色名詠式の創始者、 アカデミーの生徒&先..
Weblog: 狭間の広場
Tracked: 2007-07-23 08:43

[細音啓] アマデウスの詩、謳え敗者の王 黄昏色の詠使い 3
Excerpt: 孵石暴走事件、そして先日の研究所襲撃事件と不審な事件が相次いでいる。折りしも、今のトレミア・アカデミーには、異端の夜色名詠者と名詠式に異常な才覚を現したものがいる。これは果たして偶然なのか?それらに纏..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-07-23 08:44

『アマデウスの詩、謳え敗者の王』
Excerpt: アマデウスの詩、謳え敗者の王 (富士見ファンタジア文庫 174-3 黄昏色の詠使い 3) 作者: 細音 啓 出版社/メーカー: 富士見書房 発売日: 2007/07 メディア: 文庫 ..
Weblog: ある休日のティータイム
Tracked: 2007-07-23 21:45

黄昏色の詠使い3 アマデウスの詩、謳え敗者の王
Excerpt: [著]細音 啓 [絵]竹岡 美穂「孵石」を研究している研究所が灰色名詠士により襲われる事件が相次いだ。次の狙いがトレミア・アカデミーではないかと予想した教師達は、学校を一時的に閉鎖するという決定を下す..
Weblog: 今日もだらだら、読書日記。
Tracked: 2007-07-28 15:58

アマデウスの詩、謳え敗者の王
Excerpt: トレミア・アカデミーに不審者が侵入した。先日の研究所襲撃事件の時と同様に校内の人を石化する……という事態。灰色名詠の使い手は自らを「名も無き敗者」と称し、クルーエルやネイト達にも襲い掛かる――――
Weblog: 読了本棚
Tracked: 2007-07-30 20:41

アマデウスの詩、謳え敗者の王/細音啓
Excerpt: アマデウスの詩、謳え敗者の王細音 啓 富士見書房 2007-07by G-Tools 【各地の研究機関を次々と襲撃する謎の灰色名詠の使い手。そしてその恐怖はついにトレミア・アカデミーにも。次々と人々..
Weblog: ラノベ365日
Tracked: 2007-08-10 03:47

[書評][細音啓][黄昏色の詠使いシリーズ][神秘/奇跡/魔法][アクション][★★★]黄昏色の詠使い(3) アマデウスの詩、謳え敗者の王
Excerpt: アマデウスの詩、謳え敗者の王 (富士見ファンタジア文庫 174-3 黄昏色の詠使い 3) 作者: 細音啓 出版社/メーカー: 富士見書房 発売日: 2007/07 メディア: 文庫 ストーリー アカ..
Weblog: いつも感想中
Tracked: 2007-08-23 23:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。