2007年05月23日

黄昏色の詠使い(2)

奏でる少女の道行きは
細音 啓著
富士見書房 (2007.5)
通常24時間以内に発送します。

やぁ、相変わらず実に雰囲気の良い作品です。
とにかく全般的に良すぎて、どこが特に――というのが無く感想に困ります。
それでも今回主役のエイダ嬢が非常につぼです。
……前巻で登場していたそうですが、全然覚えていませんorz

迷い悩みながらも拒絶しきれず、
最後に自分の意志でその道を選んだのはきっと、
生い立ちや境遇などではなく、それを最初の友達だと思えていたからではないでしょうか。
押し付けられたものはきっと友達なんて呼べず、
友達という存在だったからこそ、彼女自身がそれを選べたんだと思いますね。
そして、その回り道の中で得がたい友人を得られたことを素直に祝福したい。

彼女の迷っていても前向きな性格はもちろん魅力的ですが、
それ以上にこの話で描かれた彼女とその周りの姿が何よりも輝いて見えました。
そのあたりの彼女の気持ちも贈奏で感じられるのも非常に良い。

……とまぁ、妙に真面目に書いてみたエイダはもちろん好きなんですが、
実際のところは頼れる姉御的存在のサージェス姐さんに
イラスト(P261)とあわせて軽く逆転ノックアウトされてます。
うはぁ、このおねーさん実に好み。

灰色の孵石にラスティハイト、イブマリー。
今後の波乱を感じさせる終わり方で、続きが非常に楽しみです。
それ以上に、サージェス姐さんのおいしい活躍に期待大。

http://alles.seesaa.net/article/32082410.html


posted by コウ at 03:00 | TrackBack(6) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

[書評][細音啓][黄昏色の詠使いシリーズ][神秘/奇跡/魔法][アクション][★★★★]黄昏色の詠使い(2)奏でる少女の道行きは
Excerpt: 奏でる少女の道行きは 作者: 細音啓 出版社/メーカー: 富士見書房 発売日: 2007/05 メディア: 文庫 ストーリー 召喚術・名詠式を学ぶ学園、トレミア・アカデミーでの兢演会でヒドラが暴れた..
Weblog: いつも感想中
Tracked: 2007-05-23 07:21

[細音啓] 奏でる少女の道行きは 黄昏色の詠使い 2
Excerpt: またあの夢だ。逃げろといわれて逃げたあの時、本当に自分は何もできなかったのだろうか。先日の事件に、エイダが苛まされていたころ、一年生たちの基礎作りとして行われる、夏季集中補講が行われることになった。だ..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-05-23 08:46

奏でる少女の道行きは
Excerpt: 名詠式の専門学校であるトレミア・アカデミーの夏期集中補講に参加したネイトやクルーエルら1年生達。特にネイトは初めてのことばかり。だが、講師達にはとある研究所の調査という極秘の調査が与えられていた―――..
Weblog: 読了本棚
Tracked: 2007-05-24 20:12

その道はただそこに『奏でる少女の道行きは』
Excerpt: 奏でる少女の道行きは 細音 啓 なぜやらなければならないのか? 日々の行いに疑問を感じた少女は、天賦の才能を持ちながら、あえて別の世界へと飛び込んだ。しかしそこに待っていたのは、希望に満..
Weblog: うかばれないもの
Tracked: 2007-05-27 13:03

[感想][★★★☆☆][細音啓]「黄昏色の詠使い(2)奏でる少女の道行きは」
Excerpt: 『さあ、あなたの道行きを教えて』 「――意地悪」 「あんた、ホントは分かってるんでしょ」 『とても好(よ)い。名詠士に在らざる少女よ。それは、とても好い決意(こたえ)です』 あらすじ 「赤・青・黄・..
Weblog: ただ、それじゃ終われないでしょ!
Tracked: 2007-06-07 09:53

『奏でる少女の道行きは 黄昏色の詠使い2』
Excerpt: 奏でる少女の道行きは (富士見ファンタジア文庫 174-2 黄昏色の詠使い 2) 作者: 細音 啓 出版社/メーカー: 富士見書房 発売日: 2007/05 メディア: 文庫 わたしは逃..
Weblog: ある休日のティータイム
Tracked: 2007-07-19 20:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。