2007年04月13日

冬の巨人

冬の巨人冬の巨人
古橋 秀之

徳間書店 2007-04-10
売り上げランキング : 16241

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんだろう、凄く良いです。
良質なファンタジーとか、ラピュタみたいなジブリ作品のような。
きちんと独立した一つの世界観が構築されていて、
そこで生きる人々がきちんと描かれていて、
それらがきちんと一つのストーリーに収まっている。
非常に完成度の高い一冊。

結局レーナはなんだったのか、とかそういう謎は解明されないのに、
そんなことがどうでもよくなるような希望に満ちたラストシーン。
"破滅と再生の寓話"まさにそのとおりで、
彼が最後に古い衣を脱ぎ捨て、教授が叫ぶシーンで思わず手が震えました。

藤代さんの美麗なイラストもいいのですが、
それに頼らなくても容易に世界を脳裏に思い描ける。
灰色の外市街、彩りにあふれる温室、光あふれる空の上、吹雪の外の世界。
そしてラストシーン。

ライトノベルとしてのおもしろさには欠けるかもしれませんが、
一つの純粋なファンタジーとしては極上の一品。
個人的に"ミミズクと夜の王"より楽しめました。


posted by コウ at 20:29 | TrackBack(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

[書評][古橋秀之][冬の巨人][SF][シリアス][ファンタジー][★★★★★]冬の巨人
Excerpt: 冬の巨人 作者: 古橋秀之 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2006/06 メディア: 単行本 まいじゃー推進委員会!さんで絶賛されていたのを偶然発見・購入・読破と進んだ訳ですが・・・これは..
Weblog: いつも感想中
Tracked: 2007-04-14 10:16

[古橋秀之] 冬の巨人
Excerpt: 終わりのない冬の凍土の中を、休むことなく歩き続ける巨人「ミール」。その背に都市を作り、人々は暮らしていた。ディエーニン教授の助手として、ミールを調査をしてきたオーリャは、ある日、ミールを空から確認する..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-04-16 08:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。