2007年03月23日

神様のおきにいり(4)

神様のおきにいり 4
内山 靖二郎著
メディアファクトリー (2007.3)
通常24時間以内に発送します。

好香さんの出番が少ないよ……orz

なぜか前巻で珠枝が小さくなっていた理由が明かされ、またひと騒動。
なんだけど、
やけに今回は和み要素が多い気がするんですが。
妖怪町内会の流しそうめんって完全におまけ。
でもそれがいいし、それがなければ好香さんの出番が皆無になっていた……

はじめはきな臭い雰囲気を見せていたオオヒロも、
なかなかに可愛らしい部分を見せて今後の活躍が期待できる。
っつーか、尾羽。
どこに相当するんだろうか……尾羽。

一方で主題である物事のとらえ方というのも唸らされるものがある。
どうしても自分(人間)視点で物事を考えてしまうのは仕方がないとは言え、
妖怪の世界を見れる智宏はそれでも、
ラストの描写を見る限りきっとうまくやっていけるのだろうと思います。

マヤ再登場や猫山盛り、縛鎖の小人の意外な姿など見所もふもふ所が多かった分、
やっぱり好香さん分が足りてないのがなぁ……
コヒロもいいんですが、俺はやっぱり好香さんだなぁ。

神様のおきにいり 3
内山 靖二郎著
http://alles.seesaa.net/article/30288316.html
posted by コウ at 18:03 | TrackBack(4) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

[内山靖二郎] 神様のおきにいり 4 ねこまたの巻
Excerpt: 珠枝が手の平サイズのままなのは、追っ手の目を欺くためだという。それはいいとして、小さい姿になってからは、食事にしろ、散歩にしろ、何かと智宏の手を煩わすようになってきた。まるで、子供のようだ。珠枝のこと..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-03-23 19:10

[書評][内山靖二郎][神様のおきにいり][魔物/妖怪][和風][★★★★]神様のおきにいり4 ねこまたの巻
Excerpt: 神様のおきにいり 4 ねこまたの巻 (4) 作者: 内山靖二郎 出版社/メーカー: メディアファクトリー 発売日: 2007/03 メディア: 文庫 相変わらず安心できるストーリーだなあ・・・。 ス..
Weblog: いつも感想中
Tracked: 2007-03-26 16:59

神様のおきにいり4
Excerpt: 珠枝の体が小さくなったままの状態で自宅にいるわけには行かず、智宏は静江の家に厄介になっていた。どうやら、最近珠枝のことを聞いて回っている黒衣の麗人の存在が関係しているらしいのだが、なんと珠枝は対策とし..
Weblog: 読了本棚
Tracked: 2007-03-28 19:28

神さまのおきにいり (4)ねこまたの巻
Excerpt:  内山 靖二郎  初読:2007/04/06〜2007/04/06  ISBN-10: 4840118256 最初は巫女服モドキ びしゃがつくの巻ではゴスロリ ぬれおんな の巻でははスク水 セーラー服..
Weblog: 彩里の本箱 on ココログ
Tracked: 2007-04-11 01:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。