2013年05月21日

リカーシブル

リカーシブルリカーシブル
米澤 穂信

新潮社 2013-01-22
売り上げランキング : 152215

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読み終えたのはだいぶ前ですが、感想書くのを忘れてました。

帯にボトルネックの衝撃再び!
とか書いてあるので続編的なものかと思いながら読み進めていると、おや? あれ? という間に終わってしまいました。
帯詐欺もひどいところです。

もちろんこの作品自体はとてもおもしろかったのですが、ボトルネックが念頭にあったため、視点・着眼点・注意点がズレたまま読み進めてしまい、しっかり楽しめなかったのが無念です。
一見不思議な現象が起こっているように見せて、伏線が収束して真相が明かされるラストは流石というべきか。
最後に少し見せてくれるどんでん返し(というほどではないけれど)も米澤作品らしくてよかったです。
ただ、こんな冴えて達観している女子中学生はイヤだw

ところで小市民シリーズの冬季限定はいつになるんでしょうかねぇ。
posted by コウ at 17:33| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。