2013年04月25日

小説 仮面ライダーアギト

小説 仮面ライダーアギト (講談社キャラクター文庫)小説 仮面ライダーアギト (講談社キャラクター文庫)
岡村 直宏 井上 敏樹

講談社 2013-01-30
売り上げランキング : 5922

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TV版の再構築といった内容。
とはいえキバやDCDほど大胆なものではなく、TV版の余計な部分を削ぎ落しただけ、という感じでもあるのであまり目新しさはないですね。

アギトは井上ライダーの中でもまだ比較的マシな方なので小説版が見違えるほど良くなっている、ということもなく、純粋にノベライズとして楽しめました。
一応アギトの本来のあり方や真魚と涼の恋愛とか、小説版の見どころもあって面白いです。
スッキリとはいかないまでも、綺麗に、その上でTV版を連想する終わり方なのもよかった。
ただまぁ、葦原の扱いはもうちょっとよくしてあげてもいいんじゃないですかね、とは思いましたが。
彼が一番仮面ライダーになってしまっていました。
カッコ良かったですけどね。

ようやくクウガの発売日が決まったらしく、それと響鬼は購入確定。
電王と龍騎はネットの評判見てからの予定。
白倉・井上というのが……ナズェナンディズガァ!!
とりあえず購入、読了した作品の個人的な順位は以下のとおり。

W≧OOO>キバ>剣≧DCD≧アギト

ってとこでしょうか。
わりと優劣つけ難く、どれもちゃんと面白いです。
posted by コウ at 12:16| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。