2007年03月01日

スイートホームスイート(4)

スイートホームスイート 4
佐々原 史緒著
エンターブレイン (2007.3)
通常24時間以内に発送します。

まず何よりもサブタイトルが一巻と比べてこうなっていることに感動。
素敵です、いらないなんてまったくそんなことありません。

身内にこそ苛烈、なフリューゲルトの家風をそのまま体現したような展開。
前巻のラストでヴァチカンとすわ全面対決か、と思わせておいて、
まさかあいつらが出てくるとは予想外でした。
すっかり忘れていた方々だったしー。
小物でしたが、ストーリーを通してフリューゲルトのあり方を示すのに最適だったと思います。
和彦の演説とアデルの選択に心が震えた。

中盤で和彦が折に触れ感じていることの以前からの変化が、
終盤でのあの台詞を大いに際立たせている。
一年に満たなくても、こここそが家になったんだなぁ、と。
アデルに対しても、そう。
三巻冒頭のあの情けなさが嘘のようで、もう頬が緩みっぱなしです。
ひいじーちゃんのさりげない伏線も見事。
まぁ、こっちはすぐに想像つきますが。

非の打ち所がございません。
楽しくて心が温かくなるお話、これで完結なのが寂しいくらいです。
でもまぁ、この二人なら今後もうまくやっていけるでしょう。

最後に……挿絵のペラジーがやけに可愛いんですがっ!

http://alles.seesaa.net/article/29311452.html
posted by コウ at 19:53 | TrackBack(3) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35000243

この記事へのトラックバック

[佐々原史緒] スイートホームスイート 4 世界で一番すてきな遺産
Excerpt: 「ヴァチカンはもう動いた」― その言葉を聞いたときから、アデルの様子は尋常じゃなくなった。夜な夜なまさかりを研ぎ、銃をバラしては組み立てと、ピリピリし続けている。城を守るためとはいえ、その様子を見てい..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-03-01 19:59

スイートホームスイート(4) 世界で一番すてきな遺産 感想
Excerpt: スイートホームスイート4 世界で一番すてきな遺産佐々原 史緒 カヅキレン エンターブレイン 衝撃のロンドンから2カ月。ヴァチカンの動きを知ったアデルは、半ば自暴自棄のように妙な行動をくりかえして..
Weblog: ライトノベル・漫画が好き☆
Tracked: 2007-03-19 22:44

スイートホームスイート4
Excerpt: テレビクルーの取材を単に発し、衝撃的なロンドンでの騒動終結から2ヶ月。アデルは挙動不審を繰り返し、住人達は恐れ慄くばかり。一彦はアデルを元気付けようとひとり、クリスマスの準備に取り掛かる。そんな彼にア..
Weblog: 読了本棚
Tracked: 2007-03-31 12:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。