2007年02月23日

ゼロ・イクステンド

ゼロ・イクステンド
赤井 紅介〔著〕
集英社 (2007.2)
通常24時間以内に発送します。

超能力バトルと平行世界側のエクステンドさんたちの行動がイマイチでしたが、
圭一郎やラウラらのやりとりと関係の変化はとてもよかったです。

ストーリーとしては目新しいもののないありがちなもので、
さらには終盤のご都合展開にテンションダウン。
べたべたすぎて先が読めすぎです。
もう少し捻ってもらいたかった。

その中で前述のように圭一郎と仲間達の描写が光っていました。
ちょっとした言葉や行動の端に本心を垣間見せたり、
隠れ家などの舞台装置を使った伏線が後々いいスパイスになっている。
細かい部分で「あぁ、仲間っていいなぁ」と思わせる描写が魅力。
だからこの関係を崩したくない、という圭一郎の選択はシンプルゆえに共感できる。

サイコキネシス=原子分解な超能力設定や、
ベタなストーリー展開など難もありますが、
キャラクター同士の絡みなどに妙味のある作品。
べた褒めは出来ませんが、なかなかおもしろかったです。
っつーか、亜由美さん好きです!


posted by コウ at 23:23 | TrackBack(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

幸せな時間は過ぎ去って。『ゼロ・イクステンド』
Excerpt: ゼロ・イクステンド 赤井 紅介 世界は二つ存在していて、いま現在、互いの生存を賭けた戦争をしているのだという。超能力者達は兵士として日々の戦いに明け暮れており、自分はそこから脱走してきたの..
Weblog: うかばれないもの
Tracked: 2007-02-28 00:03

ゼロ・イクステンド
Excerpt: ゼロ・イクステンド 作者: 赤井紅介 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2007/02 メディア: 文庫 「設定はありがちだけど、独特な雰囲気がある学園異能だな」 と思った作品でした。 個人的に..
Weblog: 愛があるから辛口批評!
Tracked: 2007-03-16 22:01