2007年02月20日

銀の手のシーヴァ

銀の手のシーヴァ
立原 透耶著
ソフトバンククリエイティブ (2007.2)
通常24時間以内に発送します。

ちょっと微妙。
物語として破綻はしていないし、文章が読みづらいというわけでもないけれど、
全体的にちぐはぐな印象を抱いた。

自然か機械か、その違いがあるだけで、
どちらが正しいということにしない主題は良かったし、
立場が違えば物の見方も変わるという点も共感できる。
特に昼も夜も本質に変化の無かった機械帝国の有り様は素直に恐ろしかった。

ただ、見たことのあるような設定・展開ばかりで特筆する部分が見当たらず、
世界観も詰めが甘いというか、要素ごとの規模の落差が大きいと感じる。
特に黒幕が三流悪役レベルで緊迫感にも欠けていて……
想う故の狂気というのはわかりますが、
使い古された設定を捻りもせず使っているのはいかがかと。

むしろ、シーヴァたちの過去に何があったのか、の方が気になります。
レイアードの正体とか。フリがありましたしね。
おそらく続きが出るとは思いますが、現時点ではちょっと微妙です。


posted by コウ at 02:20 | TrackBack(4) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

機械少女のメモリー。『銀の手のシーヴァ ハカセとコトリ』
Excerpt: 銀の手のシーヴァ ハカセとコトリ 立原 透耶 魔法王国の王子であるシーヴァは王となることを拒み、友である至高の魔法術師レイアードとともに国を飛び出した。だが、神々の地『異郷』を目指したはず..
Weblog: うかばれないもの
Tracked: 2007-02-20 06:09

[立原透耶] 銀の手のシーヴァ ハカセとコトリ
Excerpt: 禁断の魔法術で魔法王国から異郷へと転移しようとしたシーヴァとレイアードだが、どうやら違う場所へ来てしまったらしい。魔法力がほとんど存在しない世界に戸惑っていたふたりは、コミ溜めのようなその場所で、ひと..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2007-02-20 08:52

銀の手のシーヴァ ハカセとコトリ
Excerpt: 『銀の手のシーヴァ ハカセとコトリ』(著:立原透耶 イラスト:高山瑞季x曽我部修司 GA文庫刊)を読了。  うーん、微妙。主人公とその親友の結びつきを描きすぎてBLっぽいというか……。ヒロインが添え..
Weblog: ぬるいヲタク猫風味
Tracked: 2007-02-26 20:44

銀の手のシーヴァ ハカセとコトリ 立原透耶 GA文庫
Excerpt: 悪くはない・・・・・・・と思うんですがねぇ。何かおもしろくないんですよね。世界の
Weblog: ねれの巣
Tracked: 2007-04-10 11:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。