2013年01月23日

ted

Ted [DVD] [Import]Ted [DVD] [Import]


売り上げランキング : 2640

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今年一発目の映画はおっさんテディベアが主人公のted(字幕版)

えーと、よくも悪くも予想通りの内容と出来でした。
期待値の上限と下限内に針の振れ幅がしっかり収まってて、不満はないけれど特にこれが良かったと言えるところもなく。
R15指定と予告の時点で予想していましたが、下ネタが多い上に内容がしっかり下品なのは人を選ぶと思います。
それが「おもしろい」と「やりすぎじゃね?」も半々くらい。
ただ、劇場内のあちこちから笑い声は上がってましたね。
ラストはまぁお約束ですが、涙が滲みました最近涙腺弱いわぁ。

フラッシュ・ゴードンはじめ結構80年代アメリカの(ものだと思われる)ネタが散りばめられていて、正直日本人の私にはわからん部分多かったです。
QUEENは好きなので楽曲が流れた時は思わず前のめりでしたが。
三十代後半のアメリカ人が一番受ける内容だったんじゃないかと思いますねぇ。

吹き替えが有吉だったので(じゃなくてもですが)字幕にしましたが、これが所ジョージだったら吹き替えだったなぁ……
と思ってたら劇中でアルフネタが出てそりゃ無理だったかと妙に納得。

テッドは決して可愛くはないですし、動きも妙に……こう、なんつーか……ぬいぐるみ的な動きじゃなくって、なんだろう……決して不気味ではないですが、間違っても可愛くはないです。
でも、なんか愛嬌があって好きですね。
某シーンではヨーダばりの動きを見せて……はっ! あのシーンのあれはひょっとして伏線だった?

よくも悪くも……と書きましたが、期待通り楽しめる映画でした。
うん、おもしろかったです。

posted by コウ at 00:31| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。