2012年09月28日

KoA:RECKONING

キングダムズ オブ アマラー:レコニングキングダムズ オブ アマラー:レコニング

スパイク・チュンソフト 2012-09-20
売り上げランキング : 260

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

キングダムズ オブ アマラー:レコニングが面白くてマジ時間泥棒。

なんか売れてるのか単に入荷自体少ないのか、品薄状態みたいですね。
自分は発売日の帰り道、ヤマダで購入しました。
それ以来チマチマと進めているんですが、これが面白い面白い。

洋RPGの雄といえばTESシリーズ今ならスカイリムですし、自分も持っていてチマチマプレイしてますが、アマラーの方が性に合ったのかやってて非常に楽しい。
スカイリムもつまらないわけじゃないですけどね。
あ、ドグマはつまんなかったです。特に移動が苦痛でしかなくて、途中で投げました。
がんばろうという意気込みは感じましたけどね……ファストトラベルは必須でしょ、オープンワールドなら。

スカイリムと比べて戦闘のアクション性が高いのが一番気に入った点でしょうか。
メインとサブの武器の使い分けと、ディレイやホールドで変化する連携、アクティブスキルによるアクセントなどこだわれるスタイルになっているのがいい。
自分はフェイブレードとロングソードの二種混合で進めてますが、乱戦時はフェイ・一対一などはロングと状況によっての使い分けが楽しいです。
レコニングモードの存在、演出なんかは厨二心を刺激してくれて素敵です。

難点はアイテム関連UIの使いづらさと、ハードでもヌルい難易度でしょうか。
逆に言えば不満点はその程度、中年しか作れないキャラメイクも基本洋RPGだと人外かおっさんしか作らないので問題ありません。
ネットの評価など見ると、突出して褒めるところはないけれど欠点の少ない良作って位置づけでしょうか。
まるでジムカスタムみたいで個人的に素敵な評価。

posted by コウ at 23:26| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。