2012年08月21日

アベンジャーズ

アベンジャーズ・アッセンブルアベンジャーズ・アッセンブル
V.A. サウンドガーデン シャインダウン スコット・ウェイランド パパ・ローチ ブラック・ヴェール・ブライズ ライズ・アゲインスト レッドライト・キング

avex trax 2012-08-15
売り上げランキング : 2177

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

3D吹き替え版観てきました。

とりあえず一言でまとめると「大味」
良くも悪くも大味な内容でした。

実はマイティ・ソーもハルクもキャプテン・アメリカも、アイアンマンすら観た事無いです。
ただ、それぞれのキャラクターや概要は知っているので問題なく観ることはできました。
が、言い換えればよく知らなくてもわかるくらいストーリーが大味。
そこはしかし、良くも悪くも。
お祭り作品なのでそれはそれで。

がしかし、駄菓子菓子。
その割にはラスボスのロキが小物過ぎてカタルシスを得られなく、
なんか小物がいきがってる周りで内輪揉めしている間に敵の軍団が攻めてきたので仕方なく団結偶然に助けられて解決。
そんな感じ。

この作品の中でドラマを感じたのはフィル・コールマン関連だけでしたねぇ。
いや、彼は良かった、彼だけは良かった。
良かったのに、それで団結したはずのアベンジャーズも結局連携を取るわけでもなく、
時々でたまにフォローするだけでチーム的な動きを見せなくてなんだかなぁ。

あと、個人的にアメコミヒーローをずっとかっこ良く思えなかったんですが、その理由がなんとなくわかった。
あいつら、必殺技を持ってないんだよ。
決め技がないんだよ、技名叫ばないんだよ。
スキャニングチャージ! も セイヤー! もないんだよ。

海外版戦隊のパワーレンジャーの時にあっちの人が「なんで変身して名乗るのかわからない」と言ったそうですが、
そういう文化の違いがやっぱりこういう部分で感じられますね。
トドメの一撃、と呼べるものが存在しないのもすっきりしなかったです。

とまぁ、個人的にはいまいちでしたが、やっぱりCGとかはすごかったです。
さすが金かけているだけあって、このクオリティでライダーとか観てみたいです。
ただ、3Dはまだまだの技術だなぁ、とAtoZ以来の体験ですが、基本2Dでいいや。
でも3D前提のCGアニメとかならもっと迫力あるのかなぁ。

posted by コウ at 18:48| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。