2006年11月30日

銀盤カレイドスコープ(8)

銀盤カレイドスコープ Vol.8
海原 零〔著〕
集英社 (2006.11)
通常2-3日以内に発送します。

打倒リア宣言と、直接の宣戦布告。
それにより発生した女帝への恐怖。
四年前とはまた違うプレッシャーに晒されるタズサ。

こういう精神的に追い込まれる様を描くのは本当にうまいなぁ。
それがショートの演技中に解消されるのはアスリートならではだが、
ちょっとあのミスがミスでなかったのは……一体?

それにしても眠いのに眠れない隔靴掻痒の如き辛さ。
こんなものをリアルに書かないでください……
経験があるだけに読んでいて辛いorz

二巻構成なのでストーリー自体の感想は九巻で。
今のところ、あいつの事にあまり触れられていないのが寂しい。
ここで名前を出したりしたら、折角の成長が台無しになってしまうからだろうけど。


posted by コウ at 20:18 | TrackBack(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

[海原零] 銀盤カレイドスコープ vol.8 コズミック・プログラム:Big time again!
Excerpt: 打倒リアを宣言した理由は、自分だけがわかっていればいい。そんな私の決意を本ものと思ったようで、コーチのマイヤも本気になってきた。今までのシゴキですら手加減されていたとは! 肉体の限界を超えているような..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2006-11-30 20:38

銀盤カレイドスコープvol.8
Excerpt: 女帝・リアの男子シングル転向にガブリーとの約束……内なる想いが「打倒リア」宣言となって噴出した。コーチを務めるマイヤもタズサの決意を聞き、今まで以上のトレーニングをタズサに命じる。文句を言いつつもトレ..
Weblog: 読了本棚
Tracked: 2006-12-15 21:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。