2012年08月01日

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)
細田 守

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-06-22
売り上げランキング : 125

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映画そのまま。
おそらくセリフの数も内容もほぼ同じ。

わかる差異は
・雪のナレーションが三人称の地の文
・雨が川で溺れたエピソードのあとの「これ以来、雨は人が変わったように〜(うろ覚え)」がない
・シンリンオオカミが雨に伝えた言葉の追加
・終盤、残った子供たちを担任が送っていくシーン(体育館内から駐車場で車に乗せる描写に変更)
くらい。

あとは多少の心理描写と、細かい動植物の名前の描写。
映画を楽しめた人は問題なく楽しめるけれど、精々5%程度の補完は物足りないかも。
ただ、ラストの花の心理描写は少し残っていたもやっとしたものを八割方払ってくれました。
でもちょっともやっとしてる。
……まぁ、このもやっは親にならないとわからないんでしょうね。

買ったのは角川文庫版ですが、スニーカー版も内容は同じなのかな?
イラストが追加されてるだけ?

posted by コウ at 22:02| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。