2012年07月24日

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪 オフィシャルブック 花のようにおおかみこどもの雨と雪 オフィシャルブック 花のように
「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-07-23
売り上げランキング : 180

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おもしろかったです。
色々と感じさせ、考えさせてくれるいい映画でした。

ただ、個人的にはサマーウォーズの方が好きだし、泣けましたねぇ。
母子それぞれ死亡フラグへし折ってくれた以外は観ていて大体予想した通りの着地点。
良く言えばストレート、悪く言えばひねりがなかった気がします。

前述しましたが、観ていてとにかく色々考えました。
相手すらいないのに子供の育て方とか、状況に甘えきっている今の自分を省みたりとか、自然とどう付き合って人が生きていくべきかとか。
考えさせられる映画でした。

あとストーリーとは直接関係ありませんが自然の描写がとても良かった。
雪が積もった山の中を駆けるシーンとか、ラストの朝焼けのシーンとかどうしたって見入ってしまう。
雨が先生について山の中を行くシーンも好きです。

手放しで絶賛はできませんが、文句をつける部分もない、という感じ。
可もなく不可もなく、というわけでもなく評価が難しい作品ですね。
好きか嫌いかで言えば好きです。

ところで草ちゃんが男前すぎて、こりゃ雪ちゃん惚れるわ。

posted by コウ at 20:39| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。