2006年10月19日

レインツリーの国

レインツリーの国レインツリーの国
有川 浩

新潮社 2006-09-28
売り上げランキング : 10127

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

一言で言って薄っぺらい。
身障者をダシにお涙頂戴を狙う思惑が――

嘘ですごめんなさいorz
上記は図書館内乱からの引用です。

むちゃくちゃ感動した!
というほどではありませんが、程度の差、状況の差こそあれ、
非常にむちゃくちゃ身悶えするほど共感してしまい、
実際読んでいて恥ずかしかったです。
具体的にひとみと伸のネット上でのやりとりとか。
はっきり言って羞恥プレイに近いものが。

一方で難聴者と健聴者に限らぬ、
さまざまな認識の違いの問題を考えさせられるとともに、
伸行のように接することが出来れば(多少の衝突はあっても)
お互いが対等に進んでいけるように感じられ、
その考え方を非常にうらやましく思える。

文句なくおもしろかったです。
砂川は一体何を読んでいたのか、査問会にかけたいくらいです。


posted by コウ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(8) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[有川浩] レインツリーの国
Excerpt: 十年以上も前に読んだ本の結末がふと気になり、ネットを検索したら「レインツリーの国」というサイトがヒットした。伸行が不満に思っていたあのラストに、同意しながらも、今だからこそわかるという感想にとても惹か..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2006-10-19 20:14

有川作品の中で最も月9っぽい物語【レインツリーの国】
Excerpt: [http://www.bk1.co.jp/product/2716473 レインツリーの国] あらすじ '''きっかけは『忘れられない本』''&#..
Weblog: ラノベなPSP
Tracked: 2006-10-19 21:59

「レインツリーの国」を読む
Excerpt: 本ブログ(勝手に)推奨の小説家、有川浩さんの「レインツリーの国」です。新潮社からの作品として、またメディアワークス以外から出版されるものとしてもはじめての作品になりますね。ところが、これって、「図書館..
Weblog: 怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】
Tracked: 2006-10-20 23:50

レインツリーの国 有川浩
Excerpt: 装幀は新潮社装幀室のはず。なぜかすべて横文字で、photograph by Takashi Otaka.design by Shinchosha Book Design Divisionとなってい..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2006-10-23 16:00

レインツリーの国 有川浩
Excerpt: レインツリーの国 この本は 「ひなたでゆるり」のリサさん にオススメいただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 いやぁ。 まいったな。 まいったよ。 図書館..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2006-10-25 17:53

レインツリーの国
Excerpt: 中学生の時に読んだライトノベルの感想をネットで探していた伸行は「レインツリーの国」という名のブログを見つける。その管理人・ひとみに当ててメールを送ったのが全ての始まり。 メールのやり取りを通じて彼女へ..
Weblog: 読了本棚
Tracked: 2006-10-31 19:03

(書評)レインツリーの国
Excerpt: 著者:有川浩 レインツリーの国価格:¥ 1,260(税込)発売日:2006-09
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-11-05 15:40

レインツリーの国<有川浩>−(本:2008年8冊目)−
Excerpt: レインツリーの国 出版社: 新潮社 (2006/9/28) ISBN-10: 4103018712 評価:86点 (ネタバレあります) 中学生の頃に読んだ忘れられない本。 ネッ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2008-01-11 01:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。