2008年12月22日

無印

現在R2も七話まで見ており、
ぶっちゃけ感想書く暇あれば先見たい状態でした。
駆け足で無印の感想。

シャリー、マオの話は丸々不要だった気もする。
R2でどう関わるかでシャーリーに関しては活かし方もありますが、
マオは完全いらない子じゃないですか?
一応C.Cの過去をちら見させてくれてますけど。

神鳴島まわりの話は、結局どうやって脱出したのかがわかんねー。
潜ったまではいいんですけどね。
この辺りから技術レベルがインフレしてくる気がする。
R2でラウンズのナイトメア見てまだまだだったと思いましたが。

で。
ある意味深夜枠だからこそできた虐殺皇女。
こーれーはー、起こること事態は知っていたので、
そこに至る過程を楽しみにしていましたが、
こーれーはー。
これすらも利用したルルはある意味ですごく強い人物なのだと実感。

んで。
ラスト、これは……リアルタイムでどんな反響が起こったか気になるわぁ。
これで引かれるとは思わなかった。
さらにR2冒頭で混乱の極みに叩き落されるわけですが。

一番残念なのはチグサさんがヴィレッタさんに戻っちゃったこと?
posted by コウ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。