2006年07月04日

お・り・が・み(7)

お・り・が・み
林 トモアキ〔著〕
角川書店 (2006.7)
通常24時間以内に発送します。

いやー、面白かった。
バスタード的インフレをどう解決していくかの興味もあったが、
それぞれがそれぞれの持ち味でクリアしていく様は爽快ですらあった。
広がりまくった大風呂敷もしっかりたたまれて、満足の行く終わり。

なによりいろいろあった後のエピローグが思わずにやけてくる。
そう締めますか。
そうきますか。
何ですかもぅ、この憎らしい演出は。
思わず一巻から読み返したくなったじゃないですか。
……そんな余裕はないけどorz

まー、それにしても律子枢機卿最高。
このシリーズで彼女が一番まっとうで、一番人間らしくて大好きです。
もっともっと活躍してもらいたかったけど
おいしいところもらっていったからそれだけでも満足。
購入の原動力になった妹も大活躍したし。

シリーズ物としてケチのつけようのない完結で大満足。
この余韻に浸りながら続編「戦闘城塞マスラヲ」を楽しみに待ちたいと思います。


posted by コウ at 03:58| Comment(0) | TrackBack(5) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[林トモアキ] お・り・が・み 澱の神
Excerpt: 現在の世界を破壊し、新たな世界の仕組みを作ろうとしているマリーチたち。貴瀬を助けるため、世界を守るため、魔王にして聖女の鈴蘭は、彼女たちを止める決意をした。 だが、戦力が足りない。仲間は屈指の力を持つ..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2006-07-04 12:30

お・り・が・み 澱の神
Excerpt: 大団円! そして、これはもう某所の表現を借りずにはいられません。 最高傑作! 聖なるものと魔、そして人間の関わり合う何が正しくて何が間違っているのか、どちらが正しいともつかず
Weblog: まいじゃー推進委員会!
Tracked: 2006-07-07 15:14

お・り・が・み 澱の神
Excerpt: 林 トモアキ お・り・が・み 澱の神 スニーカー文庫の「お・り・が・み 澱の神(著:林トモアキ 画:2C=がろぁ??)」を読みました。  世界を再び秩序あるモノに……天は現在の世界..
Weblog: STAIRWAY 2 HEAVEN
Tracked: 2006-07-19 22:33

お・り・が・み 澱の神
Excerpt: お・り・が・み 澱の神 著者 林トモアキ イラスト 2C=がろあ〜 レーベル 角川スニーカー文庫  終わりだけど続く〜  人気blogランキングへ ← よろしくお願いし..
Weblog: ライトノベルっていいね
Tracked: 2006-07-24 19:48

最高の大団円。【お・り・が・み 6/7】
Excerpt: 一気に読んだのでまとめてレビュー。 [http://www.bk1.co.jp/product/2646126/p-holyknight1146 お・り・が・み 光の徒] [http://ww..
Weblog: ラノベなPSP
Tracked: 2007-01-26 15:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。