2009年08月13日

オールライダー対大ショッカー

劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー オリジナルサウンドトラック劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー オリジナルサウンドトラック
サントラ

エイベックス・マーケティング 2009-08-11
売り上げランキング : 862

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サマーウォーズとはしごで観てきました。

おもしろかったです。
ややギャグ的な意味でも。しかし、どうしても尺が足りないというか詰め込み過ぎというか。
ぶっちゃけ同時上映のシンケンジャーいらない子でしたよね?
100分ほどしかないのに、侍戦隊で30分くらい取られてたし。
ひとつの世界に二話、というTVのフォーマットを踏襲していると考えれば一応納得できますけど。

とはいえまぁ、それで割りを食らったのは前半のライダーバトルで、
そのあたりは一年後に出るDC版を楽しみにします。

んで。
中盤以降の怒涛の展開。
大ショッカーのアレだったアレがアレされてアレになって。
Gacktの出番が1シーンしかなかったあたり苦笑い。
んで歴代ライダー勢揃いのシーンはさすがに圧巻でした。
諸事情によりクウガだけのけものでしたが。

あとはもぅこれ以上ないほどのエンターテインメントでしたね。
1号と2号のライダーWキックには俺でも「うおぉぉ」と思いましたよ。
「俺、参上!」をショッカー戦闘員に邪魔される電王やら、
FFRでディケイド・ディエンドと一緒にFARしちゃうモモタロスさんとか、
電王人気すごすぎ。

しかしまぁ、なんというか。
創世王の扱いはちょっと同情しますね。
完全にWの引き立て役だし、ある意味とどめの刺され方はおいしいものでしたが。

後半はほとんどギャグでしたが、
仮面ライダーが好きならかーなーり、楽しい映画だったと思います。
やー。ディケイドのFFRであれになるとは思わんかった。
posted by コウ at 23:09| Comment(0) | 仮面ライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。