2006年05月12日

春季限定いちごタルト事件

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
米澤 穂信

東京創元社 2004-12-18
売り上げランキング : 28993

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小動物の皮を被った狼な小佐内さんがめっさラヴリー。
無言のまま人の背後を取る小動物。
ストレス発散にはスイーツ巡り。


各所でちょろちょろ見かけて気になっていたので購入。
小市民的なミニマムかつ、身近なちょっとした謎解き短編が実に心地よい。
なにより小鳩くんと小佐内さんの
"馴れ合わないけど強固な信頼関係、ただし主従っぽい部分あり"
みたいな関係がなんだかとっても微笑ましい。

ミステリーだけど大仰ではなく、
複雑怪奇ではないけれど、だからこそ「考えてみよう」という気にさせられて、
解決されると「おぉ、なるほど」と納得させられる。
なるほどまさしくQ.E.D.


最近異世界やら超能力やらぶっとんだモノばかり読んでいたせいか、
非常に身近な世界に妙な安心感を覚えちゃったり。
なんか、こぅ、いいなぁ、と思える一冊で、
なるほど各所で高評価を得ていることに納得。
たまにはこういう小市民的なものを読むのもいいねぇ。

小佐内さん最強だけど。


ラベル:米澤 穂信
posted by コウ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(3) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[米澤穂信] 春期限定 いちごタルト事件
Excerpt: 小市民であれ。日々の平穏と安定のため、ぼくと小佐内さんは断固として小市民を目指す。 そのために僕らは約束した。お互いを逃げ道に使うと。それは高校生になるときの僕らの誓い。 そんなおりに、高校で久しぶり..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2006-05-12 08:54

春期限定いちごタルト事件     米澤穂信
Excerpt: 「自家製ヨーグルトがおいしいお店が、近くにあるの。フルーツソースが素敵なの」小鳩
Weblog: 48億の個人的な妄想
Tracked: 2006-06-14 22:50

春期限定いちごタルト事件、米澤穂信
Excerpt: イラストレーションは片山若子。文庫書き下ろし作品(小市民シリーズ)。 2001年、第五回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を「氷菓」で受賞デビュー。ほかの作品「愚者のエンドロール..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2007-01-26 11:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。