2006年04月10日

ブギーポップ・イントレランス オルフェの方舟

オルフェの方舟
上遠野 浩平〔著〕
メディアワークス (2006.4)
通常24時間以内に発送します。

久しぶりのブギー新刊。
ロスト・メビウスからだいたい一年か。
9Sや甲田学人やでどれから読むか悩むラインナップの今月の新刊だったけれど、
やっぱり最初に手に取るのはブギー。
なんだかんだで好きなシリーズなんだなぁ。


今回登場のワン・ホット・ミニッツはフォルテッシモとやり合ったって勝てるんじゃないか?
ってくらいに強力で(あるいはそういう見せ方が非常に上手いのか)
どういう風にカタをつけるんだ、と思えばその能力のそもそもの根幹をそういう風に解決させますか、と。

ただの能力バトルじゃないのがやっぱり好みなんだよな。


その一方で、挿絵では明らかに対抗能力であるように見せているフォーリン・グレイスがあまりにもあっさりと終わっているのが……
でも、よくよく考えてみると、物語の根幹を成すにはそのどちらも不可欠なのか。
う〜ん、一体どちらがオルフェウスでどちらがエウリュディケだったのか。
あるいは、誰が、か。
六嶺夫婦だってある意味オルフェウスとエウリュディケだったわけだし。
つーか、そこまでしっかり割り振っていないか。


とはいえ、ブギーシリーズにしてはわりあい分かりやすい部類に入っているかと。
ちょっとした伏線とその回収が、世界の敵が敵対する世界の存在を感じさせて
それを意図して行っているのやらどうなのやら。

ピート・ビート、世良稔の名前がちょろっと出たりして、
いい加減エンサイクロペディアか何か出してくれないだろうか?
ビートのディシプリンのおかげで誰がどちらに出てきたのか分からなくなってきた。
リセットって、ロスト・メビウスにも出てたはずだけど初登場はビートの方だったような……
パールやモーニング・グローリーってどっちのどういう人だったっけorz

さがせばそういうサイトありそうだけど。
……あったけどかなりイマイチ。
posted by コウ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(4) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[上遠野浩平] オルフェの方舟 ブギーポップ・イントレランス
Excerpt: それは部外者が聞いていたら、いったい何について話をしているのか、さっぱりわからない奇妙な会合。クレイム・クラブという野暮ったい名前とは裏腹に、統和機構についての情報交換をする場だった。 高校生でありな..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2006-04-11 08:52

ブギーポップイントレランス オルフェの方舟
Excerpt: 彼女の敵は世界。怒りと憎悪を炎に変え、焼き尽くしてもまだ足りない…そんな彼女にも唯一の例外があった。自分を救い、認めてくれた少年の存在がそれ――しかし、ブギーポップは彼女達の前に顕在する。"世界の敵"..
Weblog: 読了本棚
Tracked: 2006-04-12 21:29

オルフェの方舟―ブギーポップ・イントレランス
Excerpt: asin:4840233845:detail 話も長く、登場人物も多く、何につけても謎が多い、ブギーポップシリーズですが、今回の話は、伏線は多少あるものの、一話完結もので、それほど頭を悩ませることな..
Weblog: 愛があるから辛口批評!
Tracked: 2006-04-24 22:47

ラノベ「ブギーポップ・イントレランス」感想
Excerpt: 「ブギーポップ・イントレランス オルフェの方舟」☆×2 電撃文庫:著・上遠野浩平 “『不寛容(イントレランス)』な奴は──誰だ?” 【彼女の敵は世界。周り中の全てを焼き尽くしても、な..
Weblog: すたじおG
Tracked: 2006-07-21 19:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。