2010年09月14日

雪逢の狼

雪逢の狼―陰陽ノ京月風譚〈2〉 (メディアワークス文庫)雪逢の狼―陰陽ノ京月風譚〈2〉 (メディアワークス文庫)
渡瀬 草一郎

アスキーメディアワークス 2010-08-25
売り上げランキング : 2023

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前巻はそうでもなかったんですが、今回は保胤と時継の出番がそこそこあったため、
余計彼らがメインの電撃文庫版の続きを読みたくなってしまいます。
まぁ、吉平と貴年はどちらでもこんな感じなんでしょうが。
……っつーか、吉平が末恐ろしすぎる。

白山を中心に巡る様々な関係。
やはり一番いいのは光榮とのお互いを認め合ったライバル関係っぽいものですね。
とはいえ、ラストのあれもなかなか捨てがたい。

個人的に山野の精どもが非常にいい味を出していてお気に入りですね。
まさか再登場するとは思わなかった。
ぜひこのままレギュラー化を。



posted by コウ at 02:59| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。