2010年04月22日

米澤穂信「古典部シリーズ」

氷菓 (角川スニーカー文庫)氷菓 (角川スニーカー文庫)
米澤穂信

角川書店 2001-10
売り上げランキング : 71312

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)
米澤穂信

角川書店 2002-07
売り上げランキング : 67642

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

同僚に「おもしろい推理小説読みたい」と言われて氷菓を貸そうと思い、
しかし最近買い直したばかりなのに見つからない。

→じゃあ、もう一冊買っちゃうか。

ついでに愚者のエンドロールも見つからなかったのであわせて購入。
クドリャフカは単行本は持ってるけど文庫も購入。
遠まわりする雛の文庫はまだですか?
というか、

古典部の続きはまだですか!

氷菓はともかく、愚者以降は本当に久しぶりに読み返したものだから、
アウトラインは覚えていても、結構重要な部分を忘れていたりして新鮮な感じに楽しめました。
結構残っていた印象と異なったりするんですよね。
記憶の中では摩耶花がレイレイコスでした。

米澤作品の中では氷菓が一番好きです。
あのオチと言うか真相というか、彼の叫びは何時までも心に残る。
何度読み返しても胸が詰まります。

それ以降はわりとほのぼのというか、
殺伐さだと小市民シリーズのほうがひどかったりする気がするけど、
そっちも印象だからやっぱり読み返すとちょっと違っているかも。

クドリャフカの順番 (角川文庫)クドリャフカの順番 (角川文庫)

角川グループパブリッシング 2008-05-24
売り上げランキング : 53535

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

遠まわりする雛遠まわりする雛

角川書店 2007-10
売り上げランキング : 44152

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





posted by コウ at 00:25| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。