2010年02月17日

ありすとBOBO

ありすとBOBO -猫とマグロと恋心- (GA文庫)ありすとBOBO -猫とマグロと恋心- (GA文庫)
川崎康宏

ソフトバンククリエイティブ 2010-02-15
売り上げランキング : 4229

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どこにも記載されていないけれど、以前電撃から出ていたAliceの続編。
読んでいて妙な既視感を覚えたんですが、やっぱりでした。
思い出したときはすごくすっきりした。

真面目にバカをやりつつ多分に皮肉を込めた作風は全く変わらず。
合気道を使うクマvsチャイニーズマフィアより強い魚屋さん、
ってどこからそんなアイディアをひねり出すのやら。
やってることはおもしろいんだけど、利かせすぎた皮肉に苦笑いの読後感はある意味独特。

ところで。
赤チャイナなのに青かったり、クマvs魚屋さんのシーンにアリスのイラストとか、
前者はイラストレーターがちゃんと読んでない、後者は編集のミス、でしょうかねぇ?



posted by コウ at 23:28| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。