2006年03月03日

世界のキズナ(2)

世界のキズナ 2
有沢 透世〔著〕
角川書店 (2006.3)
通常24時間以内に発送します。


んー、前作に比べるとちょっと物足りない。
いや、かなり物足りない。
つーか、カルピスの原液とカルピスウォーターくらい濃度が違う。


要所要所でしっかり描写がなされておらず、状況の把握がひどくし辛い。
何気なく読み進めて疑問が浮かび、読み返してもやっぱりよくわからない。
そういう場面が少なからず。

(以下ネタバレ気味なので注意:一応読みにくく)

さらに、睦月の心理描写がしっかりとなされておらず、故にクライマックスでも置いてけぼり感が強かった。
特に睦月の正体に関してはあまりにも唐突過ぎる。
高一で成長途中っても限度あるだろ……どこかの銀の流星の負け犬さんじゃあるまいし。
そんなもので、なんとなく予想通りではあるけれど、そこに至るまでの動機付けが曖昧すぎた。


庸介の成長と沙織の気持ちが良く書かれていただけに(それでも描写不足な場面があったが)
あまりにも多い部分での描写不足が惜しまれる。


単品で見れば十分読める作品だけれど、
前作と比較すると記憶に残るものの差に驚く。

孝雄さんの幸せな姿が書かれていたのは嬉しかったですが。


前作 「世界のキズナ 混沌な世界に浮かぶ月」
http://alles.seesaa.net/article/9454675.html


posted by コウ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

世界のキズナ(2)
Excerpt: 世界のキズナ(2) 桜舞う世界で微笑う君 著者 有澤透世 イラスト 椿あす レーベル 角川スニーカー文庫  続けるのが難しそうな作品ってあるよね。  人気blogランキン..
Weblog: ライトノベルっていいね
Tracked: 2006-03-25 11:02

世界のキズナ2/有澤透世
Excerpt: 世界のキズナ(2) 桜舞う世界で微笑う君有澤 透世 角川書店 2006-02-28by G-Tools 【ようやくまっとうな地球に戻って、沙織とフツーの生活を満喫し、毎日が前より少しだけ楽しくなっ..
Weblog: ラノベ365日
Tracked: 2006-03-26 18:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。