2013年03月25日

プリキュアオールスターズ NewStage2

映画プリキュアオールスターズ New Stage2 こころのともだち オリジナル・サウンドトラック映画プリキュアオールスターズ New Stage2 こころのともだち オリジナル・サウンドトラック
高梨康治 サントラ 工藤真由 吉田仁美 黒沢ともよ

マーベラスAQL 2013-03-13
売り上げランキング : 2067

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

見て来ました。
内容もNS1よりシンプルながらも深くなっていて、プリキュア勢の活躍も増量。
ってもまぁ、ドキプリ勢がメインになっちゃうのは仕方ありませんが。

駄菓子菓子、だがしかし。

スマプリ勢の活躍がよかったぁ〜。
単純にゴプリキュアが新しく動いてしゃべってボケてくれているだけでも満足ですが、
それぞれに見せ場がしっかり用意してあって嬉しかったです。
みゆきもしっかり成長していて、エンエンの支えになっていましたねぇ。
お願いするシーンはちょっと泣きそうになってしまいました。

あと今回はしっかり声と見せ場のあるMH組。
いやぁ、淫獣二匹もしっかりしゃべるとは思ってなかったので、結構感動しました。
つい最近無印を見終えたばかりなのでデュアルオーロラウェーブとかテンション上がりましたね。

ただやっぱり総勢32人もいると全員に見せ場なんて無理なのは当然で、
先々代のスイートですらビートさんしかセリフ無いとか来年以降のゴプリキュアの扱いが今から不安です。
まぁ、フレのパッションとビートに出番があったのはきちんと理由があったので……ひょっとして来年から早速いるだけ参戦? 

メタルヒーローまで参戦しだしたオールライダー系含め、人数なんて増える一方なので今後なんらかの方針転換しない限り旧作ファンは涙をのむことになっていくんでしょうねぇ。
まじで「すまぷり!」やってくれないかなぁ。

posted by コウ at 22:24| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

小説 仮面ライダーキバ

小説 仮面ライダーキバ (講談社キャラクター文庫)小説 仮面ライダーキバ (講談社キャラクター文庫)
古怒田 健志 井上 敏樹

講談社 2013-03-07
売り上げランキング : 832

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とりあえず、ライダーファン、平成ライダーファンとしてこれだけは言わせていただきたい。

古怒田さんありがとう! キバを救ってくれてありがとう!

日曜朝八時台にタマホームのCMが流れていた頃はまだライダーを観ていませんでしたが、
電王が終わった直後にライダーファンが想像したキバがここにありました。
リ・イマジネーションなディケイドのキバの世界も良かったんですが、あちらは設定からして別物。
どっこい小説キバはちゃんとTV版の基本的な設定を踏襲した上で、きちんとキバがヒーローになっている上に音也も一本筋の通ったもう一人の主人公として存在している。

正直、自分はキバが嫌いです。
一応全シリーズ見ておかないと、見た上で批評しないとと思い、きちんとではなくプラモを作りながら横目で見ていた程度ですが、時間の無駄だなぁと思うほどでした。
役者さんやスタッフのみなさんに同情してしまうほど。
もっと言うと、嫌いを通り越してキバという作品が可哀想に思えるほど。

それを五年越しに救ってもらった気分です。
TV版キバが嫌いな平成ライダーファンにこそ是非読んで貰いたい一冊。
ライダーファンが見たかったキバがここにありました。

最後にもう一度。

古怒田さん、キバを救ってくれてありがとうございます。

posted by コウ at 19:43| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ! BD特装版

映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!  特装版(Amazon限定絵柄差し替えジャケット)【Blu-ray】映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ! 特装版(Amazon限定絵柄差し替えジャケット)【Blu-ray】
川村敏江

TCエンタテインメント 2013-03-20
売り上げランキング : 157

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

店舗別差し替えジャケットありますけど、ポイントやWebクーポンの関係もあっていつも通りJoshinで。
ヤマダのジャケットがなかなか良かったのでDVD買っちゃおうかと思いましたが、通常版のジャケットの裏が同じ絵柄(ただし注意書きなどあり)だったのでお見送り。
そもそも描き下ろしというわけではないし、ブックレットに小さいながら載ってるのでそれで満足。
お花畑でニコちゃんの頭を撫でるハッピーの絵で泣きそうになったのは秘密。

映像特典の初日舞台挨拶。
とりあえず着ぐるみゴプリキュアはやっぱり怖い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
ただ、アニメキャストの舞台挨拶って見たことなかったので(ライダーはある)新鮮でしたね。
それにキャスト間の仲の良さがとても良く伝わってくる。
ビューティの西村さんが感極まって泣きそうになった時に、マーチの井上さんが「れいか、泣くなよ」って言った時はさすがなおちゃん! 思いました。
っつーかNISSANがイチャついてて大変おいしゅうございました。
ファンブックとかのインタビュー読んでても本当に楽しい現場なんだなぁ、としみじみ。
だからスマプリは見ててあんなに面白楽しいんですね。

本編もすでに三度見てますが、BDならではの高画質はやっぱりよいですね。
ぶっちゃけDVDで十分じゃん、と思ってたけどさすが一部で騒がれるだけのことはありました。
まぁ、DVDでも特に文句ありませんけど。
はぁ……なおちゃん可愛い。

posted by コウ at 12:33| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

スマイルプリキュア! コンプリートファンブック

スマイルプリキュア! コンプリートファンブック (学研ムック)スマイルプリキュア! コンプリートファンブック (学研ムック)
アニメディア編集部

学研マーケティング 2013-03-16
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スマプリファン必携の一冊!!

川村女神の版権絵に設定画、各話紹介にスタッフインタビューと盛りだくさんの内容かつほぼカラーの大判でありながら定価が¥1000切ってるとかいい意味で頭おかしい。
もちろん表紙はきちんと描き下ろし。
最終回アフレコレポートの描きおろしマンガが載っているし、声優さんのインタビューでアフレコやオーディションでの様子を聞いていて、それらを合わせるとスマプリキャストの仲の良さやスマプリに対する愛情をすごくよく感じることが出来る。
大塚SDのインタビューは他媒体でも目にすることがあるけれど、シリーズ構成の米村さんや川村女神、梅澤Pらのインタビューってひょっとしたら初出なんじゃないでしょうか。

内容の充実度とは別に、そこかしこに編集(部)もスマプリが好きなんだなーと思わせる記述がちらほら。
いやいや、なおちゃんのニーソが貴重とか普通書かないっしょ。貴重だけど。
道の掛け軸をどや顔で掲げるれいかさんとか嬉しすぎるし、インタビュアーは絶対自分が聞きたいこと聞いてた。
個人的に一番食いついたのはアフレコレポートマンガの、田野さんと井上さんがたいていどちらかがどちらかの肩に頭を乗せていたっちゅー一コマ。
いや、中の人までNISSAN自重しろいいぞもっとやれ。

みなぎる愛が溢れ出してる叡智の一冊。
倍の値段でもお釣り出るくらいの素晴らしい本をありがとう学研さん!

posted by コウ at 09:19| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

小説 仮面ライダー剣

小説 仮面ライダーブレイド (講談社キャラクター文庫)小説 仮面ライダーブレイド (講談社キャラクター文庫)
宮下 隼一 石ノ森 章太郎

講談社 2013-03-07
売り上げランキング : 247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

舞台は驚きの300年後!
さすがにウェーイとかオンドゥルルラギッタンディスカーとかはなかったし、結構シリアスで重い内容でしたがファンとしては満足できる作品でした。
平成ライダーでも特に「仮面ライダー」してる剣崎はやっぱりかっこよかったです。
オンドゥル語ネタばかり先行して、ついでに序盤のテンポの悪さが足を引っ張って、表立って良い評判を聞くことの少ない剣ですが、中盤以降からラストまでは歴代でもトップクラスの面白さ。
特にヒーローとしての剣崎一真の選択は胸に沁み、その後の物語を読むことが出来るというだけでも価値がある一冊。
で、ネタバレになるので書きませんが、とにかくラストが良かった。
ちょっと泣きそうになりました。

ただ、登場人物の名前がカタカナ表記だったり、300年後なんでまったく新しい世界観になっていて、その説明に尺取ってたり四人いるもんだからあちこち場所も飛んでたりでちょっと密度の薄さがちょっと気になったかな。
posted by コウ at 21:33| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

仮面ライダーW Zを継ぐ者

小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~ (講談社キャラクター文庫)小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~ (講談社キャラクター文庫)
三条 陸 石ノ森 章太郎

講談社 2012-11-30
売り上げランキング : 475

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TVのフォーマットを踏襲した構成なのはやはりメインライター。
CJX登場から若菜がミュージアムと知れる前のお話だから……何話くらいだろ。
パラレルとか番外編ではなくちゃんと本編に組み込める内容で、かつ、Wの新たな魅力を味わえるお話でした。
あとはなぜファングジョーカーなのか、なぜCJXなのかが説明されているのもポイント高し。
オーズと同じく、Wのファンなら間違いなく楽しめます。

ただ、三条さんは脚本家であって小説家ではないので、多少文体が読みづらく感じました。
その点だけマイナスですかね。
香澄さんがツンデレ可愛かったです。

posted by コウ at 18:40| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。